世の中に必要不可欠な存在!EMC試験の基礎知識を知ろう

2016年11月24日

EMC試験って何だろう

現代社会は電磁波などのノイズが無数に飛び交っています。ノイズは目に見えませんがお互いに干渉し合っており、装置の誤作動を招きます。たとえば誰も人が居ないのに自動ドアが勝手に開いたり、テレビ視聴中にパソコンのスイッチを入れたら画面が乱れる現象などが一例です。これらの誤作動は時として大きな事故に繋がってしまうため、その製品が強いノイズを発しているのか、もしくはノイズに強いのかをテストすることは非常に大切だと分かりますよね。そのような電磁的に中立を保てる能力のことをEMCと呼び、その能力が基準を満たしているかどうか調べるテストのことをEMC試験と呼びます。そしてEMC試験は、EMI測定とイミュニティ試験の2種類で構成されています。

EMC試験におけるEMI測定とは

どのような電子機器も大なり小なりノイズを発生するものですが、それが強すぎると他の製品に悪影響を及ぼします。ですからノイズの強さを測定して基準を超えていないかどうか調べる必要がありますが、それをEMI測定と呼びます。EMI測定は試験対象の製品(スマートフォンやドライヤーなど)によって、非常に細かく分類されていることが特徴です。何故なら、そうしないとその製品が本来発しているノイズの強さを正確に調べることが出来ないからです。いずれにせよ、本測定によって野放図にノイズを垂れ流す製品が世に出ることを防いでいるわけで、地味ながら現代社会にとって重要な役割を果たしているといえるでしょう。

イミュニティ試験と呼ばれるEMC評価法とは

その製品が発するノイズの強さが基準を下回っていたとしても、ノイズ耐性が低ければEMCを満たしていないということになりますが、その耐性を調べる評価方法をイミュニティ試験といいます。国際的な基準が定められているEMI測定とは事なり、本試験は各国により内容に大きな差異があることが実状です。何故ならノイズ耐性の重要性が知られるようになったのは最近の話だからなんですよ。本試験の内容も多岐に渡っており、たとえば静電気が原因で誤作動しないかどうかを調べる試験や、電線から伝わったノイズに対する耐性を調べる試験などがあります。

EMC試験とは電気機器がその内外部より受ける妨害電磁波によって阻害されるかどうかを測定する耐性試験の事です。電磁両立性試験とも言います。